イーベイに出品し儲けるノウハウ!

イーベイ 出品、「海外のオークションに出品し転売して儲ける」という発想を持っている人が大変少ないのです。

 あなたは、この事実をご存知でしたか?


 
ヤフーオークションの参加者は、2009年9月末の時点で750万人、
日本国内最大のオークションサイトです。



しかし、イーベイオークションの参加者は、2009年3月末でなんと2億3,000万人!!
ebayの参加者は、日本の人口の約2倍なのです!!



 ここに大きなビジネスチャンスがあったのです!




 多くの日本人オークションユーザーは、
「日本国内で出品して利益をあげる」という発想しか持たない人が多く
「海外のオークションに出品し転売して儲ける」という発想を
持っている人が大変少ないのです。



 しかし、海外のイーベイユーザーの中には、
「日本の物がどうしても欲しい」というユーザーがかなり存在しています。
そういう人のために出品すれば、儲けることができるかもしれません。




 でも、多くの日本人オークションユーザーは、「英語ができない」と
尻込みしてしまい、イーベイオークションという巨大なマーケットに
参入することを最初から諦めているのが現状なのです。
出品して儲けるどころか、最初から諦めている人が多いのです。



 イーベイオークションというと、
「英語を母国語としている人たちだけのオークションサイト」
という「思い込み」をあなたは持っていないでしょうか?


実は、その思い込みは「間違っています」



 イーベイを利用するユーザーで母国語が「英語」なのは、
アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの
たった4ヶ国だけという「意外な事実」をご存知ですか?



 2億3000万人がひしめきあっているebayでは、
4ヶ国以外のオークションユーザーも、英語を使って出品をしているのです。




たとえばドイツ、フランス、イタリアなどはそれぞれの言語のebayのサイトが存在します。
しかし圧倒的なユーザー数と、自分の国のオークションサイトとは
比較にならない出品量の多さから、アメリカイーベイを利用する
他国ユーザーが大変多いのが現状です。



利用者が多い、市場が大きいということは、とても大事なことです。
出品したみのが売れる確率が上がるだけでなく、価格が高くなる可能性もあるということです。
そのため、アメリカイーベイに出品する人が多いということです。




もちろん彼らは英語圏のebayの取引では、
英語(外国語)を使用しての出品し取引をします。
日本人のイーベイユーザーとて例外ではありません。



しかし、日本人の「英語に対するアレルギー」は、
他国の比ではないくらい「すさまじいもの」があります。




 したがって、イーベイの日本人からの出品と参加率が
極端に少ないという傾向があります。



 しかし翻訳サイトオンリーで、イーベイで7000件の取引を、
すべて英語でこなし、出品し転売で総額280万円の借金を全額返済し、
かつ411万6824円の貯金を残すまで儲けることができた人がいるのです。



 その人は、斉藤由香里さんです。

 斉藤さんは、次のように言っています。

 「英語、怖れるに足りず!」


 翻訳サイトで上手に英文にする仕掛け」さえマスターしていれば、
英語の壁など、大した問題ではありません。簡単に儲けることができます。



事実、母国語が英語でないイーベイユーザーが世界各国から多数、
英語を駆使して参加している事実があるのです。






 お勧めのブログ

1.耳鳴りはサプリメントでは治せない!

2.高音をきれいに歌えるカラオケ上達法?

3.スント コア オールブラックの賢い買い方とは?

4.登録販売者は、通信講座で!

5.カウンター下収納ニトリ、作りがしっかりしている上に、この値段!

6.千里堂治療院口コミ、無料動画【手術しない!「痔」改善メソッド】

↑このページのトップヘ